Mr.freedomの人生を楽しむブログ

自由すぎてMr.freedomとあだ名をつけられた、旅行が大好きな普通のサラリーマン。本業はコンサルタント。仕事、旅行、筋トレ、勉強の話など。

趣味程度の筋トレにプロテインは必要か?経営コンサルタントが考えてみた 下編

みなさんこんにちわ。Mr.freedomです。

ずいぶん時間が空いてしまいました。実はこの間ハワイのマウイ島に自転車と一緒にバカンスに行ってきました。詳細は別途記事にしますが、とにかく最高でした。
とりあえず、ここでは写真を2枚ほど挙げます。

f:id:mr_freedom:20191013112755j:plain

ビーチ沿いのホテルから見る夕日

f:id:mr_freedom:20191013112759j:plain

海沿いでのサイクリング

では、本題へいきましょう。
今回は前回の続き、私が一般人の趣味の範囲の筋トレにはプロテインは必要ないと思う理由の後編、自分の体で作れない量の物質を多量に摂取することは内臓に負担をかけることになる。という観点から話してみたいと思います。あくまで私の10年以上のトレーニングを通して感じた個人的な見解ですので、気軽に読んでいただけたら幸いです。

ジムに行くと、やたらとプロテインの粉が入ったシェーカーを持つ人を見ませんか?
少なくとも自分がこれまでに通った4か所のジムでは、嫌っていうほどたくさんいました。そしてこの傾向はトレーニング熟練者に限らず、特に初心者にもとても顕著です。
これはトレーニング初心者は、こう思っている人が多いからではないでしょうか。
プロテインを飲むと筋肉が早く付く。
しかしこれはナンセンス。筋肉が早くしっかりつける要素は3つあり、レーニング量、バランスのいい食事、そして睡眠である。どれも同じぐらい大事である。プロテインを飲むということは所詮食事のサポートに過ぎず、正直なくても全く問題ではない。筋トレ初心者には、今日運動したからビール飲んだり、好きなもの食べてもいいと思っている人は非常に多い。しかしそんなことをしたら元も子もない。

 確かに、薬にプラセボ効果というのがあるように、思い込むと本当にそのような効果が出ることがあり、これは筋トレにも多少当てはまることがある。実際、筋トレ中に鍛えている部位を意識するのとしないのとでは効果が違うという論文も出ている。しかし、初心者や趣味程度の筋トレで、筋トレ中にしっかり鍛えている部位を意識してトレーニングすることができている人は、断言するが、皆無である。なぜなら、みんなだいたいインターバル間や直前まで携帯をいじったりしており、意識が切り替えられないからです。

筋トレをはじめ、プロテインを飲み始める人の多くは、少なくとも一日1~2回、トレーニング前と就寝前、一回あたり20gのプロテインを摂取する人が多いのではないでしょうか?これって自分の内臓に対し、これまでの人生に比べ、ある日から急に、20g以上多くたんぱく質を処理しろと言っているのと何も変わらない。
成人が一般的に普通の食事で一日に摂取できるたんぱく質は一般的に50g~80gと言われている。仮に超多く見積もって80gとすると、一日20gのプロテインを飲むことは、摂取たんぱく質が25%増ということになる。つまり、内臓はこれまでの人生で慣れ親しんできた働きの125%分働かなくてはならない。言うまでもなく、これは内臓にとっては負担でしかない。

プロテインを摂取し始めるとおなかを壊す
という人はいませんでしょうか?
自分の10年間以上のトレーニング経験の中ではだいたい10人中3人はプロテインを摂り始めるとおなかを壊します。これって、まさに内臓がキャパオーバーをしているサインです。おなかを壊す人は体のためにも、やめましょう。どうしても飲みたい人は、飲む量と頻度を、少しずつ体に慣れさせてください。

みなさん、アナボリックステロイドというものを聞いたことないでしょうか?
アナボリックステロイドとは、いわゆる筋肉増強剤であり、違法アスリートのドーピングに使用されているものです。このアナボリックステロイドですが、有名な副作用として、内臓肥大があります。なにそれ?と思う人は、ウィキペディアのアナボリックステロイドの項目を見てみてください。アナボリックステロイドで内臓が肥大するのは、普通の人体ではとても作り出せない量のステロイドホルモンを摂取するため、内臓が頑張って処理をしなければ!と頑張るが故、結果的に大きく肥大するからです。
プロテインとアナボリックステロイドを一緒にするつもりは一切ありませんが、内臓に負担をかけているという点では似ている点があるのではないでしょうか?
ぜひ、プロテインの前に炭水化物、肉、野菜のバランスのとれた食事を試してみてください。

以上、私が趣味程度の筋トレにプロテインは必要ないと思う理由でした。
繰り返しますが、私は別にプロテインを全否定するわけではありません。高頻度で高負荷のトレーニングをする人にとっては間違いなく効果のあるものですし、少量のプロテインは筋肉の成長にはプラスだと思います。しかし、趣味程度のトレーニングをしている人が、何も考えずに、筋トレする=プロテインを飲まなければいけないという固定観念を持ち、毎日のようにプロテインを飲むのは体に負担だと思います。ぜひ、自分の体の反応と相談して、プロテインの必要性を一度考えていただけたら幸いです。

では!

Have a nice life!

Mr.freedom