Mr.freedomの人生を楽しむブログ

自由すぎてMr.freedomとあだ名をつけられた、旅行が大好きな普通のサラリーマン。本業はコンサルタント。仕事、旅行、筋トレ、勉強の話など。

コンサルタントという職業について~完結・ワークライフバランス編~

みなさんこんにちわ。Mr.freedomです。

ラグビーNZ vs 南ア戦、面白かったですね!ラグビー選手を見るとトレーニング頑張らなきゃ!とつくづく思います。

 

では、本題へ。今日は三部作に分けて書いたコンサルタントという職業についての完結編です。これまでは業務内容がスケールの大きいことや給料がいい、とどちらかというとポジティブな話をしました。ですが、世の中甘いことばかりではないので、今回はコンサルタントという職業の闇の部分を赤裸々にお話ししたいと思います。そしてそれを踏まえて、みなさんにコンサルタントという職業を理解していただき、それぞれの今後のキャリアの選択肢として入れてもらえたら嬉しいです。では、いきましょう。

 

みなさん、コンサル=激務というイメージをお持ちじゃないでしょうか?

その認識。正しいです。2年前ぐらいまでは。自分が4年前にコンサル会社に転職したとき、それはそれはもう地獄のような環境でした。週一で三徹なんてこともザラでした。ですが、今は全く違います。かなり、ワークライフバランスはよくなりました。

その理由は大きく2つ。

一つ目の理由は、今国全体で推進している働き方改革の成果。

特に外資系のコンサルティング会社ほど、超激務だった反動からか、労働時間の減少が顕著の傾向があります。また、外資系企業はコンプライアンスに厳しいのもあり、グローバルでのプレゼンスを上げるためにも、率先して働き方改革を推し進めているイメージがあります。一つ例を挙げると、総合計コンサルティング会社最大手のアクセンチュアは、働き方改革で成果を出しすぎて、文部科学大臣から表彰されました。そして、この外資コンサルティング会社の”ホワイト化”が日系コンサルティン会社にも波及しています。

二つ目の理由は、長時間労働に起因する離職率の高さ

ご存じの通り、人口が減少している今の日本で、人手不足はかなり深刻です。これは待遇のいいコンサルティング会社も例外ではありません。つまり、自社社員が長時間労働が嫌で会社を辞めるというのは、会社からしたらとてつもない損失なんですよね。ただでさえ高いお金をは立って転職エージェント等から人を採用しているのに、その人たちがどんどんやめていくんですから。

 

それでは、さらに深堀りしていきましょう。

コンサルティング会社はどうやって労働時間削減できたの?これまで死ぬほどは激務だったのに?

方法は以下二つ。

1. 社員を増やして、社員一人一人にかかる負荷を減らした

2. 普段の業務の中で、インパクトの低い仕事を削減した

1.はその言葉の通り、社員を大幅に増やしました。やめる人もいますが、やめる人以上に中途採用をしまくりました。上述のアクセンチュアにいたっては、年千人以上の中途採用をしています。かなりのパワープレイですが、確実に効果は表れています。

 

続いて2について。

まず、コンサルタントは非常にプロ意識が高い人が多く、特に自分たちの作るパワーポイント等の資料には半端ないこだわりを持っている人がたくさんいました。それこそ、色遣いからグラフの縦軸、横軸のフォントの大きさといったものまで、全てを統一しないと気が済まない人なんてざらにいました。別に悪いことではないのですが、こんなん誰も気づかんわ!といったことでも、とてもこだわりを持って時間をかけて作業をしていました。コンサルタントはどうしても、”これがコンサルタントとしてのルールだから”と思うかもしれませんが、客観的に見て正直結構どうでもいい作業も多くありました。それらを削減して労働時間を減らしたのです。

 

もちろん、今なお数年前と同じような長時間労働スタイルを貫いているコンサルティング会社もあると思います。ですが、トータル的に言えば、コンサルの平均労働時間は圧倒的に少なくなったといえます。これまで、激務という理由でコンサル業界は敬遠した人も、ぜひ目を向けてみてください。

 

最後に、たくさん種類があるコンサルのどの種類に応募するか悩んでいる方へ一転補足です。

以前の記事で総合系コンサルは戦略系からIT系まで全てやるという話しました。ということは当然、戦略とITの中間のような中途半端なポジションのコンサルタントが出てきます。こういう中途半端なポジションのコンサルの大変なところは、戦略からITまで一通り理解しなければいけない反面、戦略寄りの業務は戦略の人にお願いし、IT寄りの業務はITの人にお願いできるという非常においしいポジションでもあります。

以上を踏まえて様々なコンサルタントを忙しい順に並べると、炎上しているITコンサル≧戦略コンサル>普通のITコンサル≧戦略とITの間のコンサル となります。ぜひ参考にしてみてください。

www.mrfreedomblog.com

 

三部作に分けて、コンサルタントという職業について説明してみました。

日系の大企業から転職した自分としては、本当に転職してよかったと思っています。

皆さんの今後のキャリアの選択のお役に立てたら幸いです。

 

では!

Have a nice life!

 

Mr.freedom